サーバーページに飛びます。
FSC森林認証

HOME>環境への取り組み

環境への負荷を減らす印刷に取り組んでいます

賢工製版はFSC® COC認証を取得しております。

FSC(Forest Stewardship Council®: 森林管理協議会)森林認証とは…?

 

違法伐採や森林破壊等が世界規模で問題となっている現在、森林環境保全の取り組みのひとつとして『FSC®森林認証制度』という方法があります。

 

FSC森林認証は、責任ある森林管理を認証する「FSC FM(Forest Management:森林管理)認証」と、認証された森林から産出された林産物の適切な加工・流通を認証する「FSC COC(Chain of Custody:加工流通過程の管理)認証」からなります。認証された製品には、FSCのロゴマークがつけられます。環境意識の高まりとともに、このFSC認証製品を選ぶ企業や生活者が増えています。

http://www.aiec-net.co.jp/fsc/about.html より一部抜粋)

 

FSC認証とは?

上図のように、適切な管理をされた森林より産出された林産物を加工・流通された木材や紙製品にFSCロゴマークがラベリングされます。消費者は、そのFSCロゴマークを付いた製品を選ぶ事で適切に管理されながら利用される森林を支援し、森林保全に貢献する事になるのです。

 

株式会社賢工製版では、FSC COC認証を取得し適切な管理を元に森林保全に繋がるこの制度を積極的に薦めております。ご興味を持たれた方、またご質問等がございましたら弊社COC管理者(金井)までお問い合わせください。

 

グリーンプリンティング認定工場

グリーンプリンティング認定制度


GPマークとは、環境配慮型印刷製品を保証する認定制度です。

認定条件として印刷に関わる用紙・インキ・洗浄剤・印刷機他周辺機械等、グリーン基準に基づいた資材を使用し、且つ、工場においてもそれら資材を適切に管理・運用することまでが審査の対象になっております。それらを認定審査官が現地審査を行い、その報告をグリーンプリンティング認定委員会が協議して承認されます。

※詳細は、グリーンプリンティング認証制度HPに記載されております。

 

株式会社賢工製版では天王洲工場が認定を受けており、認定を受けるとGPマークを印刷製品に入れることが出来ます。印刷製品にGPマークを入れる事により環境配慮の取り組みを多くの人たちにアピールする事が出来ます。 

 

環境保護方針はこちら

カーボンオフセット

ペーパー・カーボン・オフセット


地球環境問題が取り沙汰されている昨今、省エネ法や温対法にある様にCO2排出量表示や削減は企業に課せられた使命であり責任ですが、実は印刷物作成において発生するCO2排出量の約7割が用紙の調達工程に関わる排出量です。このことに着目し、この排出量をオフセットするスキームがペーパー・カーボン・オフセットです。

印刷物発注時の一言で地球温暖化防止に一役買ってみてはいかがですか。

 

MCP(マイナスカーボンプリンティングシステム)

 

マイナスカーボンプレート(リユース専用完全無処理型アルミオフセット印刷板)で印刷することによりCO2排出量が削減でき、具体的な削減数値が明記できます。また、この数値はカーボンフットプリント及びカーボンオフセット両制度に対応し証明書の発行が可能で、CSR報告書等で記載できます。

 

環境保護印刷(クリオネマーク)

クリオネマークとは


澄んだ「空気」のためのnon-VOC、きれいな「水」のためのnon-DRAINという目標に印刷工場が印刷物を作成するための刷版工程・印刷工程、さらにインキにまで詳細な登録基準が定められており、総合的な環境姿勢を問われる厳格なマークです。そしてこのマークは、お客様が発注なされる印刷物にこのマークをつけて印刷する事により、エンドユーザーに対して環境意識が高い企業であるという認識持ってもらえる事でしょう。

株式会社賢工製版は2007年2月に環境保護印刷推進協議会が運営する環境保護印刷の認証を受け、「環境のために今出来ることから一歩一歩…」を合言葉に環境にやさしい印刷を目指して努力を続けております。